「生ける屍の結末――「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相」感想

f:id:piyoke:20170729112707p:plain

 

読んだ。

 

一時期ネット上で有名になった、「黒子のバスケ」脅迫事件の本。

事件の経緯と、事件を起こした動機について犯人が語る。

 

やはり、犯人による最終陳述は圧巻。

「生ける屍」「努力教信者」「浮遊霊」などの独特の言葉遣いで、犯人が、自らの犯行の動機を「分析」していく。

  

 

彼自身は、すごく「分かってもらいたい」人なのだと思う。

彼自身の中に、「自分は周りからこう見られているハズだ」という硬直したイメージがある。そして、そのイメージ通りに、自分のことを見てほしいと思っているのではないだろうか。

と、いうよりも、心の表面では「誰も俺のことを理解なんてしてくれないのだ」と、他人に対して裏切られた気持ちでいっぱいなのだけれど、心の奥底では、誰かに自分のことを、生まれから、自分のやろうとしたことまで、丸ごと全部理解してほしいという願いが捨てきれないのだろう、と思った。

 だからこそ、というべきなのか。彼が自分に向ける「分析」の目は、深く、幅広い。彼の心の中に在る要素を、徹底的に分析しようとする。

 

 

さて、この本は色々な読み方ができるんだけど、

僕は「"意欲を持つこと"は自己責任なのか」を渡辺氏が世に問おうとした本だと感じた。

 

「よっひー」さんが『意欲に関する差別』という記事を書いていて、これがすごく参考になったので、引用する。

 

ameblo.jp

 

 前に言ったことのまんま繰り返しなんだけど、この世に存在する最も深刻で根の深い差別は「意欲に関する差別」だ。
 経済格差や障害の有る無しはしょうがない、という人も、意欲や志はどんな人間でも備えられるはずで、意欲や志を持たない人間を差別するのは、正義だし善だと考えている。
 もっと簡単に言うと、どんなに貧乏でも、障害があっても、過去にトラウマを抱えていても、「努力」と「意欲」だけは持てるはずで、意欲を持たず努力をしない人間だけは地を這わせ泥を啜らせてもかまわない、と、多くの人が平然と思っている。
 もちろんそんな常識は間違っている。

 

黒子のバスケ」事件の最終陳述で、渡辺氏が「努力教信者」という言葉で批判しようとしている考え方は、まさにこれだろう。彼の言う「努力教信者」とは「努力すれば報われる可能性がある」という前提を持てている人のことだ。「信者」という言葉遣いの裏には、無反省にこの前提を信じている人々への反感があるのだろう。

 渡辺氏は、「やりたいと思えることがなかった」「努力できなかった」ということに悩んでいる。彼は、最終意見陳述の冒頭で、「自分は夢なんか持っていない!まともに夢すら持てなかったんだ!」という事実を思い出した、と語る。彼が熱中できたことは、唯一、一連の黒子のバスケ事件だけだった。

 

「夢すら持てなかった」という語りは、あまり悲痛だ。

彼自身は明確にそう書いてはいないが、渡辺氏自身が、誰よりもこの「努力教信者」の考え方に毒されているように感じる。以下、引用。

「埒外の民」は「自分がどうしようもない怠け者だったから負け組になった」という自己物語を形成します。

彼は、まさに「自分はどうしようもない怠け者だ」とずっと思いながら生きてきたのではないだろうか。だからこそ、夢を持てるということ、何かに熱中できるということへの強い羨望が彼の中にはある。

新しい検事さんによる最初の取り調べで、「あなたの人生は不戦敗の人生ですね。それがつらかったのでしょう」と言われました。自分はその一言がきっかけで気が付いたのです。自分は「黒子のバスケ」の作者氏の成功が羨ましかったわけではないのです。この世の大多数を占める「夢を持って努力できた普通の人たち」が羨ましかったのです。自分は「夢を持って努力できた普通の人たち」の代表として、「黒子のバスケ」の作者氏を標的にしたのです。

自分は「黒子のバスケ」の作者氏の成功を見て、「マンガ家を目指して挫折した負け組」という設定が嘘であり、自分は負け組ですらないという事実を突きつけられたような気がしたのです。キーワードはバスケと上智大学でした。この二つは、自分が無意識に自分ができなかった努力の象徴となっていました。

彼は、藤巻先生の「成功」を妬んではいない。藤巻先生の「部活に入ったり、中学の同級生から感化を受けてマンガを描き始めたり、ちゃんとした浪人生活を送ったり、大学でも部活に入ったり、やりたいことのために大学をさらりと退学して親元から自立してチャレンジしたり」という経歴に対しては、明確な敵意を持っている。藤巻先生は、渡辺氏の言う「努力」を実行してきた人物であり、渡辺氏は、そのような「努力」ができる状況から疎外されてきた人生だった。この格差こそ、渡辺氏が憤っているものの正体だ。彼自身、努力するかどうかが人間の価値を決める、という価値観に冒されている。だからこそ、理不尽にも、生まれついた時の環境で「努力できるかどうかが決まってしまう」ことが、彼にとっては許せないのだろう。

 

さて、渡辺氏の憤りのエネルギーは、大きく2つの方向に向かう。

1つは、「努力教」の価値観を批判すること。もう1つは、自分を「努力」できない状況に追い込んだ家庭環境や社会を批判することだ。

個人的には前者の方向性の方がよほど「救い」はあるだろうと思うんだけど(要するに、努力できたかどうか以外にも人間の価値はある、と考え直せればいいわけだ)、彼の語りは、後者の方向性を深める形に進んでいった。

 

 彼の語り方は、どこか淡々としている。彼は自分のことを他人事のような突き放した口調で語るのだけど、使われる単語一つ一つは、強く彼の世界観が滲み出している。このアンバランスさが、彼の文章をインパクトのある文章にしていると思う。

 で、彼はこの第三者的な語り口で、「環境が自分をこのような人間にしていくまで」の過程を語っていく。

 彼は、「社会的存在⇔生ける屍」「努力教信者⇔埒外の民」「キズナマン⇔浮遊霊」という3組の対義語と、「生霊」という言葉を定義する。彼のロジックを要約すると、

・家庭環境のせいで、自分は「生ける屍」になってしまった。

・「生ける屍」である自分が「埒外の民」になってしまうのは必然

・「生ける屍」である自分は、安心を持っておらず、またその特殊な家庭環境のために「浮遊霊」になってしまった。

・「浮遊霊」である自分が、社会とつながるために強引に仮設した"3本の糸"が切られてしまった。この時「埒外の民」でもある自分は、偶然が重なって「生霊」になってしまった。

ということになる。

ポイントは、どの流れも、彼の意志の介在しない出来事として描かれていることだ。この経緯は、どれも「~なってしまう」という口調で語られているように思える。

 

この本の帯に書かれている感想に、「どこで何を間違えたのか。どうしようもなかったのか」というコメントが書かれているが、このような感想を覚えるのは、彼の一つ一つのロジックの説得力だけでなく、彼のこの語り口によるものが大きいと思う。彼の語りがどこか「客観的」に自分を見つめ直しているものであるだけに、渡辺氏の陳述を読むと、私たちは、自分も同じ立場に置かれていたら、きっと同じ道をたどっていたのではないかと思わされる。私たちは、渡辺氏の「人生」に深く同情してしまうのだ。

 

 

一旦書き疲れたので、ここで今日は終わり。

また書く。 

 

「サクラ荘」など、京都のシェアハウス事情を見てきた。

就職前の春休みを活用して、

前から見に行きたかった「サクラ荘」の様子を見てきた。

 

僕は、前から「居場所づくり活動」とか「サードプレース」の活動に興味があった。

誰でも当事者研究会の活動も、その一環としてやっていたのだけど、

この活動が、居場所として機能しているとは言い難いし、

働きながら続けられる活動はないかなと思っていた。

 

サクラ荘は、友人(というのも恥ずかしいけれども)のホリィセンがやっているシェアハウス。

ホリィセンとはお互いに「目指してる方向性が似ている」と言い合っている仲なので、ホリィセンが熱心に活動していることなら、きっと僕がやりたいことを考える上でも参考になるはずだ、という思いもあった。

 

感じたことをいくつかメモ書き。

 

1.オープンシェアハウスという形式:ほどほどに不親切な空間設計 

到着するまで、「オープンシェアハウス」というものについて、全く知らなかったのだけど、

個人の部屋があるエリアへの侵入は禁止されているものの、常にリビングが開放されていて、人が自由に入れる形になっていた。

学森舎というオープンシェアハウスにも連れて行ってもらえたのだけど、ここも同様の造り。

冷蔵庫や壁などに注意書きが貼られている以外の情報周知はなし。この「ほどほどに不親切な空間設計」が、知らない人間が自由に入ってこれる場所としてのオープンシェアハウスを成り立たせているのだろうと感じた。

知り合いから情報を聞いてくるとか、住人から各設備の使い方を聞くとか、ある程度のコミュニケーションを取らないと、なんとなく入りづらいし、その場に居づらい。なんとなく人を寄せ付けない空気の空間に対して、自らコミュニケーションをしかけていくことで、やっとそこに馴染める感じ。

 

2.京大文化の影響:事なかれ主義に陥らない

 サクラ荘の運営の代表者?は京大の人間が多いわけだけど、京大は、東大と比べて、衝突が起こることを恐れずに戦ったりコミュニケーションを取ろうとする文化が強いと感じた。京大はいつもいつも政治的な問題が置きまくっているし、学生の中に、それを(生温かい目線であっても)応援する気風があるように感じる。吉田寮熊野寮の活動を見ていても、会議や討論を通じて物事を決めていく文化があるように思える。

 それと比べると、東大はやっぱり「事なかれ主義」が強い。

 

 オープンシェアハウスという活動自体、事なかれ主義者からすると、とても安心していられない環境だと思う。

 一人一人が各自の家で住む方が、間違いなく日々起こる問題の量は少なくなる。風呂や流し台を共有するにしても、使い方や使う時間を明確に決めた方が小競り合いは減る。まして、外部の人が自由に入ってくるとなれば、問題は加速度的に増えていくのでは、と思う人もいるだろう。

 

 小さな衝突を恐れず、コミュニケーションの中で解決していかないと共同生活は成り立たないように思うのだけど、それに慣れているかどうかは文化の影響が強い気がする。

 

 あと、小さい事だけど、ビラや文字による情報伝達の文化があるのも違うと思う。

 京大構内の中で、結構な数の「文字だけのビラ」や「壁に直接文字を書いた注意書き」を見かけたけど、シェアハウス運営における情報伝達では、こういう情報伝達手段が役立っているように思えた。これらの方法は、情報伝達にかける手間が少なくて済むし、コストが下がればそれだけコミュニケーションが速く、多くなる。「現代的でキレイなレイアウト」にこだわらない情報伝達手段があるのは大事だ。

 

3.人間関係のネットワーク

 当然すぎるっちゃ当然なんだけど、シェアハウス運営で必要なのは人間同士の(互恵的な)ネットワークなんだなと感じた。

 お金の面にしても、トラブル対処にしても、イベントの運営にしても、人と人のネットワークが不可欠な要素になっている。

 住人同士の人間関係だけの話ではない。サクラ荘の場合は、住人以外にも、「運営者」と呼ばれる人々がいて、サクラ荘の背景には、膨大な人数の人間のネットワークがあって、今住んでいる人が占めている割合はその中の一部なのだ。そのシェアハウスをしばしば訪れる人、住人の友人、かつて住んでいた人、近くに住んでいる人、次に住むことを考えている人、他のシェアハウスの人、などなど。退去者が出た時、人間関係のトラブルが起きた時、お金の問題が起きた時など、あらゆる場面で、これらの人と人のネットワークが機能している。

 

 今まで、シェアハウスを作ることとは、「全く見ず知らずの人同士が、ひとつの場所で暮らし始め、住人同士が仲良くなっていく」というイメージを抱いていたのだけど、どうも違う気がしてきた。

 どちらかというと、元から人間のネットワークがあるところに、「ぶらりと寄る場所」としてオープンシェアハウスが生まれ、そこを拠点として、元々は名前だけしか知らなかったような「友人の友人」的なつながりが強化されていくようなものなのだと思った。

 元から(数十人規模の)人間のネットワークがあることが、オープンシェアハウスを発足していく上での条件なのかもしれない。

 

シンポジウム「ひきこもりと若者のこころ」に行ってきた話

シンポジウム「ひきこもりと若者のこころ―フランスと日本

に行ってきました。

 

友人が所属してる精神保健系の勉強会のメーリスでたまたま情報が流れてきて、

タイトルが面白そうだったので申し込んだ。

 

3/11(土)の13:30から17:30までの4時間のシンポジウム。

恵比寿駅から少し歩いたところの日仏会館という場所のホールだった。

(関係ないけど、恵比寿駅の周りってすごく散歩してて気持ちいいね)

参加者はだいたい50人くらい。

参加費として一人当たり1000円取られたけど、

登壇してる先生方もすごい人だったし、元が取れるような金額ではなさそう。

 

5名の登壇者が30分ずつ話し、最後に全体セッションがある形。

「若者のこころ」という名前がついてるだけあって、登壇者に香山リカが含まれてたりする。(香山リカネトウヨの話をしてた)

 

フランスと日本で引きこもりについての共同研究をしたことがこのシンポジウムが行われたことの背景にあったらしい。

その研究では、医療者だけでなく、哲学者や人類学者、社会学者なども参加してたとのこと。

 

元々「引きこもり」は世界の中で日本で初めて社会問題として認識されたらしい。

海外でも少しずつ「引きこもり」現象が広がっているとのこと。

 

斎藤環先生は、引きこもりは「病」(統合失調症とか)ではなく「状態」(ホームレスとか不登校とか)であって、社会との相互作用で起こるものであり、原因を個人の心の問題だけに帰することはできないこと、社会関係と無関係に存在する「引きこもりの心理的異常」は抽出できないことを強調していた。 

 

中でも印象に残ったのが、鈴木国文先生と、香山リカ先生の講演。

どちらの意見も、自分に対する自身の無さと万能感がどちらも存在しており、その間の橋渡しができていないことが「引きこもり」の心理の中に見られるのではないか、ということを述べているように聞こえた。

 

鈴木国文先生は「一次性ひきこもり(精神障害が無い引きこもり)」という概念について発表していた。

一次性ひきこもりでは、1.戦わずして勝負から降りて負ける。それにより、「あの時~していれば」という形で、仮定法過去完了的万能感を維持している。2.自ら、自分のやりたいことを決めることができない。他人の期待に従ってしまう。といった特徴があるのでは、と考えていたらしい。(今では、もっと違う説明を考えているそうだけれども)

 

香山リカ先生は、ひたすらネトウヨの話だけをしてて、引きこもりと全く関係ないじゃん、と思っていたのだけど、話を聞いているうちに惹き込まれた。

”人々は、「自分はなぜうまくいかないのか」「自分が与えられるはずの地位、収入、心理的な満足感が、なぜ他の人に与えられているのか」という謎に苦しんでいる。そして、その謎を説明してくれるストーリーとして、「在日韓国人がそれらを奪っている」という意見に飛びつく”という話。

 

話が面白かったので、今回の講演のネタ本の一つになっているという

「ひきこもり」に何を見るか グローバル化する世界と孤立する個人

を購入。やっぱり引きこもりと排外主義との関係についても議論されてるんだね。

これを読んだらまた感想を書きたい。